武田に続いて、中田も千賀の登板の影響で中5日に回った試合。
そんな不安を打ち飛ばすかような、打線がつながりました。

初回は柳田の先制ソロで、主導権を握ります。

低めのカットボールを見事に捉えました。
中田(賢)は、要所を3回まで抑えてきます。

追加点が欲しい場面。4回は先頭柳田が、センター前へ抜けるヒットで出塁。
デスパイネがデッドボールで、1・2塁にした後の昨日からスタメンのグラシアルの打席。
こちらも、センターへ抜けるタイムリーで来日初タイムリー初打点がついて、2点目。

更に5回表は、先頭打者甲斐のライト前ヒットを足掛かりに打線がつながり、上林がヒットの後、柳田タイムリー2塁打、内川センター前2点タイムリー、デスパイネにライトの深いところに飛び込む2ランで、この回5得点

制球に苦しんだ、有原をマウンドから降ろします。続きを読む