結局、味方の得点は初回の3点のみ。いわゆるスミ3の得点を守り切った試合でした。
高橋礼は、初回の3ベースから内野ゴロの間の失点に、5回表の自らの足に当たった不運な内野安打の間での失点で2失点。
足に直撃したボールは3塁方向へ

結局、高橋礼はこの投球の影響を受けて91球で降板。それ以外に、三者凡退が出来たのは3回表のみ以外7安打だったのでよく抑えられた方に値します。続きを読む