この日は、松田を一番、中村晃を5番・デスパイネを6番に組み替えた試合でした。
その機能が発揮したのは、2回裏の攻撃。
先頭、中村晃がヒットの後、デスパイネが、センターの守備を抜けていく打球のタイムリー3塁打でまず先制点。上林は犠牲フライで、さらに1点追加。

4回裏は、2アウト満塁の場面から、柳田が内野安打タイムリーの後、内川がレフトへの走者一掃のタイムリー2ベースで、この回合計4得点。
内川のレフト線へ鋭い当たりのタイムリー2ベース

先発の武田には十分すぎる援護点でした。続きを読む