第3戦まで、終わってヤクルトの2勝1分けは、すんなりいくかと思いました。
ただ、引き分けが一つあったことで、オリックス側にも、何とかなると思いが強かったのでしょう。
第4戦からの、1−0での僅差の勝利からそこから本来の力が戻された感があります。
第5戦は1点差からの、同点タイムリーエラーを経ての吉田(正)のサヨナラ2ランで2勝2敗で流れを戻していきました。

第6戦は、中盤の先制タイムリーから9回は相手の動揺を誘う犠牲フライ等での2点の追加点で王手をかけました。

そして、第7戦は出鼻をくじく、太田涼の初球先頭打者ホームランで主導権を掴みました。続きを読む