千賀の穴を埋まるべき、中3日での石川(柊)先発。
一人一人しっかり抑える気持ちもそうですが、投げるテンポも良かったようです。

試合の流れのポイントとなったのは、4回表の1アウトランナーなしの場面。
レアードへのデッドボール

レアードに投げた球が手に当たってデッドボールになり、工藤さんがリクエストで判定は覆られなくても、間をとらせるのも良かったでしょう。結果的に、次の打者、横尾をサードゴロのダブルプレーで乗り切りました。

味方の好守もあり、7回110球無失点。申し分ない出来でした。続きを読む