それが、試合を決めた柳田のバットに込められた気がします。

試合を振り返ると、中4日同士で大瀬良と千賀が先発。
2回表に、會澤のタイムリーで先に先制されました。

4回裏に、2つの四球とグラシアルのヒットでノーアウト満塁になっての中村晃の打席。
センター前に運び2人が返って逆転に。

しかし、5回表2アウト2塁での場面で千賀の後を受けて登板したモイネロが丸に2ランを打たれてしまい、3-2とひっくり返されます。
直後の5回裏に1アウト満塁の場面で、ピッチャーゴロの間ですぐさま同点に。

6回表は、3番手の武田が、一打席目タイムリーの會澤からレフトのHRゾーンの上に入るソロホームランで再びリードを奪われる形になります。

広島は6回途中から4番手にフランスアにマウンドを託しました。
リードを守り切りたいことでの采配だったのでしょう。重いムードの中、それを振り払ったのは明石の一発でした。
明石がフランスアから技ありの一発

高めのスライダーをとらえ、再び同点に戻します。続きを読む