やはり、如何に早く点を取るかが大事に何ですが、焦りがでたのでしょうね。
久々に初回の先頭で野村勇が2ベースでヒットが出たまでは良かったのですが、そこから繋がりませんでした。
変にバントでなくても、一二塁間へ強いゴロを打たせる進塁打の判断もなかったのかと思いました。結局バントがフライとなりランナー進めず。柳田も早打ちとなり、デスパイネもショートゴロで凡退。

結果的に相手先発上原を9球で助けてしまいました。

それ以降の投球はもう書かないでおきます。東浜もクオリティースタートの最低限は果たしたものの、自身の連敗は止まりませんでした。

さて、大関の精巣がんの離脱を受けて、急きょレイが明日先発することに
本人はもう開き直って投球するしかないでしょう。打線は、先に点をとってペースに持ち込んでほしいです。

続きを読む