2回表の攻撃、グラシアルのヒットから中村晃も連打で1・3塁のチャンスメイク。
デスパイネはアウトになりますが、続く栗原のライト線のフライ。

グラシアルのタッチアップのフライは、走るそぶりを見せない動きをさせたトリックプレイの様に見えました。この先制点が結果的に相手の動揺を生みました。
進塁した中村晃をに2塁に置いて、松田も続けとライト前ヒットが今季初タイムリーになりました。

結果的にこの2点がこの試合の主導権を握る形になりました。続きを読む