先発事情が思わしくない中、予定より一週前倒しで今季初先発となった千賀の初回のマウンド。初回は速球で見逃し三振もあったものの、2アウト1塁から四球でランナーが溜まったところを、島内にセンターオーバーのタイムリーで2失点。

嫌な流れの中の1回裏、栗原四球で1アウト後、柳田がレフト逆方向への同点2ランで振り出しに。

欲を言えば、この後の満塁のチャンスもあったのですが同点どまりでした。

2回には栗原にもライト方向へのソロホームランで勝ち越し。
しかし、その直後3回表千賀が浅村にレフトスタンドへのソロホームランで再び同点に。

千賀は4回まで4四球に79球と球数が多かったです。
しかし、4回5回で3人ずつ打ち取ってリズムを作ったのは大きかったですね。続きを読む