まず試合開始前に、石川柊太が離脱して、五十嵐が入る形に。
石川も、先発と中継ぎ行ったり来たりしてるので、初めてのアクシデントでしたね。
これはもう来年切り替えるしかないですね。

先発ミランダは、3回の1アウト満塁ピンチを乗り切ったのが大きかったです。
菊池・丸を連続三振。先制点を良く与えませんでした。

打線は、中村晃と今宮にタイムリーが出て、3回裏に2点先制。

4回表に、安部のソロで1点返されますが、その裏相手のエラーとファーストゴロの間に2点追加。

6回に鈴木のソロHR。ミランダから変わった、高橋礼も會澤からタイムリー打たれて1点差に。
しかし、代わったモイネロは、安部への打球がセカンドのベース上が幸いし、明石がセカンドベースを踏んでのダブルプレーで、ピンチを乗り切りました。
セカンドベース上に打球が行ったのが幸い。
続きを読む