とは言え、8回9回の采配が危なかったです。
中田は、2安打4四球出しながらも、粘りながら7回まで投げてくれました。

打線は、6回に犠牲フライでようやく先制点。

8回は、松田→上林→甲斐の3者連続タイムリーで4打点で5点差にこれで安心かと思ったら、その裏の森がもたつきました。

先頭の藤田をヒットで出塁した後、茂木の3連打がセンターオーバーのタイムリー3塁打になって、2失点。更に、セカンドゴロ1失点したところで、石川へ継投。
続きを読む