初回から通して、石川は西武打線に打つタイミングを与えない早い投球感覚で抑えてくれましたね。危ない場面は6回表でしたね。フォアボールから初ヒットを許し、1アウト1・2塁となった場面。
川島が咄嗟のジャンプ

その場面を川島がジャンプして打球をとらえて、ライナーでダブルプレー。これで点数が入ってると、今回の初めての記録は起きなかったかもしれません。

その前にこの日の打線は、スタメン2番に入った川島が初回1アウトからレフト線2ベースで出塁後、柳田のセンターフライの間に3塁へタッチアップ。中村晃四球の後の栗原の打席。
外角の直球をとらえて、自身初めてレフト方向のテラス席に入る3ランで先制。
栗原自身初めて逆方向への3ラン

栗原は前回石川登板時にも満塁ホームランで援護する展開を思い出させました。

更に3回にも川島が今度は左中間への連続2ベースで出塁。続く柳田がセンター返しのヒットでタイムリーで、自ら生還して1点追加しました。

続きを読む