昨日の延長での勝利の勢いは持続していたようです。
2回表に2アウトからの3連打。1・3塁の場面で、上林の渋いライト前のタイムリーヒットでまず先制点。
上林の先制タイムリー

続く、3回表ランナー1・2塁の場面。前日、足へのデッドボールで出場が心配されましたが、その痛みを感じさせない一振りでした。
中村晃、芯を捉える3ラン

中村晃、レフトへの3ランでさらに追加点。これで優位に進めます。

先発バンデンハークは、その直後の裏の投球で1アウト満塁のピンチを凌いだのが大きかったです。
後続を三振とセカンドゴロで、切り抜けました。

バンデンハークは、球数多かったのですが、7回に3点の追加点が入るまで続投し、112球4被安打2四球の無失点としっかりと抑えてくれました。
続きを読む