カスティーヨと千賀の投げ合い。この日は、雨でグラウンドコンディションが悪い中、グラウンド整備もあり、4時間近い試合でした。

打線は、ヒットは出るものの中々タイムリーが出ず、もどかしい状況が続きました。

千賀も、再三ランナー出す苦しい状況が続き、最大のピンチだったのは6回裏でした。
2アウト満塁の場面、雨が降り続く中、フォーク球で良く空振り三振でしのいでくれましたね。
満塁で、三振に切った場面

千賀は、7回裏まで投げて125球3安打4四死球10奪三振の内容でした。

そんな好投が、ようやく8回で報われました。続きを読む