この日の高橋礼は久々の先発で緊張したのか、6回3分の1で被安打は2ですが、四死球が9つとコントロールに苦しみました。

しかし、その乱調をカバーしたのが、内野の今宮と周東の守備でした。

初回1失点の後、今宮の好守備がなければ、間違いなく得点経過も変わっていたことでしょう。
初回の今宮の横っ飛び

相手先発美馬に5回までは、翻弄されましたが6回裏に今宮2塁打→柳田内野安打→グラシアルがセンター前のヒットの3連打で1点を返します。

続きを読む