大竹も自身とチームの連敗を止めたくて必死でしたが、最後の最後でどんでん返しがありました。

大竹はイニングを1失点ずつで乗り切りながら、味方の援護を辛抱強く待ちます。
それに応えるべくの1点のビハインドなった、5回裏は今宮のタイムリーとデスパイネの2打席連続2ランで4-2とひっくり返しますが、向こうも負けじと山川穂高の2打席連続ソロで1点差に食らいつかれます。
デスパイネの逆転2ラン

松田遼馬の移籍後初めての勝ちパターンでの継投で無失点で7回は乗り切り、8回はモイネロが3人で抑えます。しかし、2番手でロングリリーフに入った森脇に無得点で抑えられたので、油断はできない展開でした。
続きを読む