優勝が決まった後、祝杯をあげて余韻に浸ってます。
千賀が背中の張りを訴えて、東浜が中5日で急きょ先発へ。
第2戦で投げた今永との中5日との投げ合いになりました。

2回裏に松田のレフトのテラス席へのソロホームランで先制するもヒットは、この1本だけ。

5回表前に、77球要してた東浜は先頭の白崎から変化球が真ん中に入ったところをレフトスタンドに運ばれて同点にされます。1アウトから連打されたところで、嘉弥真に継投。
シリーズの采配から考えると、どうせ継投するなら、武田に2イニング任せてもいいのではという思いながら見てました。犠打で、2アウト2・3塁になったところで、石川(柊)に継投。

甲斐が指示したところに、信じて腕を振ってほしかったのですが、ロペスにレフト前の2点タイムリーで1-3と逆転。これで、ひょっとすると、1989年以来28年ぶりの3連敗からの4連勝が、頭をよぎりました。

しかし、流れが徐々に傾いたのは8回裏。
先頭長谷川2塁打のところで城所に代走。7回まで粘投してた今永をここでマウンドから降ろします。
井納の場面で、明石は進塁打で、1アウト3塁に。砂田の継投で、柳田での打席。初球をピッチャーゴロ。

ここで、城所が三本間で一瞬止まりますが、ホームへ投げずに一塁へ送球。その間に、城所がスライディングせずにホームへ駆け抜け1点差に。
ホームに投げると思ったら1塁へ

何気ないトリックプレーが、相手ベンチにプレッシャーをかけます。
続きを読む