普段は中継ぎの投手を先発で起用する試合と言うこともあり、手探りな展開でした。
2回に2点取ったとはいえ、これは相手のミスに乗じてもらった得点でした。
その後、相手のソロで追いつかれ、デスパイネの2ランで突き放すものの、3番手で上がった武田が相手の足の攻めもあり、再び同点に。

武田は2イニング目は何とか抑えての8回表の攻撃。

2アウトになりましたが、グラシアルが技ありのヒットで、プレッシャーを与え、2塁の守備が完全に開いてる隙を突いた今季初盗塁が大きかったです。
グラシアル相手の守備の隙を突く盗塁

これにより、デスパイネの打つ幅も広がり、バットを折りながらレフト線にポトリと落ちるタイムリーヒットで1点勝ち越し!
デスパイネバットを折りながら強打でタイムリー
続きを読む