美馬と武田の先発で始まった試合。
初回に本多が、レフト方向へのシーズン2年ぶりのホームランで先制点。
2回は満塁から、今宮のライト前の2点タイムリーで追加点。

これで、武田がすんなりいくかと思いましたが、4回に溜めた2人のランナーを防ぎきれず、今江の3ランホームランで、あっという間に同点に。
カーブが甘く入ってしまいました。

武田は7回途中まで投げて降板で勝ちがつかず。失投が悔しい結果になりました。
試合は、8回にちぐはぐな攻めもあり嫌なムードの中、9回へ。続きを読む