鹿児島の試合が雨で中止になって、ようやく待ちに待った現地観戦でした。五回までは、ノーヒットが続いてましたが、六回から栗原と近藤が繋いだチャンスの場面。彼は背番号7だけに、ここから奇跡が起きるとは思いませんでした。タイムリーで繋いでようやく一点を返します。 

この時は、2回のノーヒットからの進塁打を経ての犠牲フライの得点が無駄にならなくて良かったです。

4回の集中打で2失点、6回も連打からの犠牲フライで失点したモイネロでしたが、直後に1点返してくれたことで、気持ちを切り替えて7回まで続投し、良く踏ん張って投げ切ってくれました。続きを読む