先発ミランダはチームの連勝の勢いに乗って行きたいと言う思いで投げてたのでしょう。
序盤は粘りで球数要しましたが、3回までにペースを戻し1イニング平均15球ペースに戻していきました。

打線は3回に2アウトから周東のレフトフェンス直撃の当たりがレフトの守備をもたつくところを足を生かして3塁まで行く好走塁でチャンスを作り、
打球を見て、3塁まで走る周東

それを今宮がバットを折りながらもセンター前へ落とすタイムリーで先制しました。
今宮がバット降りながらもセンター前へタイムリー


4回裏は相手の2つのエラーで得た1・3塁のチャンスを、今季ヒット一本で苦しんでた明石レフト前のタイムリーで1点。甲斐が犠打で2・3塁にした後に、牧原がセンターオーバーの2点タイムリーで合計3得点で4-0で優位に進めました。

ミランダはこの4点差で気持ちが油断したのか伏見2ランを打たれて4-2と2点差にされます。
続きを読む