バレンティンを5番、中村を自身初の4番に置いての試合。
その策は初回にハマり、1アウト1・3塁から犠牲フライで先制点。

しかし、2回裏に先発東浜にアクシデント。T岡田の打席の際に右足に打球が当たり、その間は打球を何とか処理しますが、3回にその影響があったのか太田 (椋)2試合連続のソロホームランを打たれてしまい同点になります。
後続は何とか抑えますが、東浜はこの回を持って後続にマウンドを託すことになりました。

この時は、アクシデントの影響が知らない状況での4回表の攻撃。相手先発榊原の4四球で押し出しで、なおも2アウト満塁の後、三森がセカンドへの内野安打で更に1点。
この2点が、試合展開を徐々に優位に進めました。

東浜のアクシデントの後、準備をしてた笠原が4回から登板。
内野の好守もあり、2イニングをパーフェクトに抑えたことで攻撃にもリズムが生まれました。
周東のスライディングキャッチ

画像は4回裏、周東がファールフライのスライディングキャッチした場面です。

続きを読む