9回直前までは、長谷川気迫のヘッドスライディングの後の甲斐の魂が乗り移った先制2ラン。周りのベンチも感極まっての映像。何としても勝ちたかったですね。

しかし、9回にまさかが待ってました。最後の3アウト目で如何に難しいか、そんな展開が今回は多かったシーズンでしたね。
ランナー1・2塁の場面で杉谷がレフトフェンス直撃の2点タイムリーで同点に。

マルティネスの移籍二けた勝利も泡と消えた瞬間でした。続きを読む