先発千賀自身が、3回までに2ランを含む5安打4失点の不調の中、すぐに打線が返してくれたのは良かったです。
2回裏は、中村晃のヒットを軸に1・2塁から松田がバットを折りながらもセンター前のヒットで1点を返します。
4−1の場面になった、3回裏は柳田のライトフェンス直撃の通算1000本安打も含む、中村晃と栗原の連続タイムリーで2点を入れて、1点差に。
柳田ライトフェンス直撃のヒットは通算1000本安打

千賀は4回以降立ち直り、4回から6回までに7奪三振含む無失点で相手の攻撃を封じました。

その後、打線は5回裏に柳田のレフト線2ベースから中村晃がセンター前の2打席連続タイムリーで同点にします。続きを読む