先発有原は、4回の先頭3塁打を打たれてから2アウト満塁迄はこぎつけますが、2点タイムリーを打たれてしまい我慢の展開が続きました。

打線の方も、4回裏から3イニング続けてダブルプレーになり重い雰囲気が漂いました。

7回表にも踏ん張りどころが来て、2アウト1・2塁の場面。
7回のピンチをしのぐ有原

ここを空振り三振に抑えた事が、チームと球場全体が反撃ムードを高める土台ができたと思います。続きを読む